*

座長を経験して学んだこと

公開日: まじめな話, マジック関係

 

474-1

10/25、29、11/5の3日間にわたり、one-o-six 座長を務めさせていただきました。
知っている顔もたくさん来てくれて、とくに土曜日はお子様連れの家族もけっこうあり、大いに盛り上がりました。
※訂正。11/12(土)も座長と書きましたが、この日はピエールさんです

嬉しかったのは、ショー後にお母様方が、
「子どもに夢を与えられるショーだったわ」
と言ってくれたことです。

僕は「マジシャンは夢を与える仕事」などと軽々しく言うのはキライです。
だってそんな簡単なことじゃないでしょ?

だから日々、できる限り誠心誠意マジックをしているだけです。
たかがマジックです。思い上がってはいけない。

されど、その結果として、夢を感じられると思ってくれたなら、こんな嬉しいことはないのです。
ただ、それはきっとその人が今必要とすることが、たまたま僕の仕事の中に見出せたのであって、僕の力というよりは出会えたタイミングやその人の心の状態が、そう感じさせたのだろうと思います。

とは言え、今や自分のすることが時として人に大きな影響を与えることもあるという自覚もしなくちゃいけない。
人は見ています。子どもは見ています。舞台に立つ以上、いつも見られているのです。
その覚悟がないなら、舞台に立ってはいけないのです。


マジシャンの成長プロセス

・最初はトリックを覚えて人に見せる段階。(よくいるマジック好きの兄ちゃん)
・少しサマになって、演技と呼べる段階。(マジックバーで活動したり)
・構成を考えて、ショーをつくれる段階。(この辺からプロの入り口。あくまでも入り口)
・マジシャンとして値札が貼られる段階。(職業プロとしての自立)
・マジックを超えて、何かを伝えられる段階。(目指してはいるが未到達。道険し)

ここに至っては、もはやテクニックや知識ではなく、人間としての力なんだと思う。
魅力であり、志であり、情熱であり、まだ僕にもよく分かっていないけれど、ともかく人の心に響くのはいつの時代も魂なんだと思う。

少しでも多くの人に何かを感じてもらえるために、これからも魂を込めて舞台に立ちたいと思います。

同じカテゴリーのおすすめ記事

126-1

芸人さん大集合

朝5時起きで兵庫県但馬へ。 「フッ、リーダイヤル ハヨミロワレ」の"フッ"で相方の髪の

記事を読む

61-1

四捨五入すれば30だから

私事ですが、今年も無事に誕生日を迎えることができました。早いもので﨓ウノ回目。もう?襍$歳に

記事を読む

20131103

天気だけはマジックでも思うようになりません(泣)

めったに屋外でのショーはやらないのですが、ここんとこ続いてます。 今日は日生中央駅前に

記事を読む

518-1

あれから10年も・・・

北新地にあるマジックバー「心水」-SHINSUI-。 久しぶりにオーナーの心水さんに会

記事を読む

571-1

オトコの顔は履歴書だっ!

『にわか煎餅』という福岡の名菓があるらしいのですが、それに付いていたお面です。 ちなみに正

記事を読む

コメントを残す

wpid-20150911011021.jpg
プロの似顔絵やさんに描いてもらいました!ロォ〜ズです♪

イベントの仕事でご一緒の似顔絵描きさん、マジェリンさんに描いてもらいま

wpid-20150911010736.jpg
ローズ複製計画。

恐怖の合わせ鏡。 ほら、奥の方のひとり、違う方向を向いてたりとかするか

wpid-20150814014123.jpg
人間ドックに行ってきました!わんわん!

今年も人間ドックに行ってきました。 帰る頃には大半の結果が出てた

wpid-20150808024423.jpg
ベロニカマジックナイト、ロがいっぱい!

昨夜は「ベロニカマジックナイト」でした。 兄貴GAKUさん

wpid-20150802120840.jpg
FM OSAKA出演、ラジオでマジックしちゃうよ!

【ラジオ出演情報】 8/5(水) FM OSAKA 「Mashu

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して購読すれば、最新記事がメールで届きます。

PAGE TOP ↑